選ばれているリクナビネクストの理由

近年は経済状態が良くなってきたことから、人材を募集することの難易度が以前よりも上がってきました。リーマンショック後のように、一つの求人に応募が殺到することはあまりありません。仕事が増えてきたことと若年層の人口減少により、有効求人倍率は数十年ぶりの高水準で推移し続けています。これからも求職者有利の状況が続くと見込まれています。募集の際にはハローワークへの登録や求人サイトへの掲載をすることが一般的ですが、中でもリクナビネクストには他社にはない、おすすめができる理由がいくつか存在します。求人サイトが増えていることから、複数のサイトを同時に利用すると良いですが、リクナビネクストは外すべきではないと言えます。その理由は大きく分けて2つ、知名度とサービスの内容です。

圧倒的な知名度とメディアへの広告

求人サイトは大手と言われるものだけでも複数ありますが、リクナビネクストは求職者の間で高い知名度を誇っています。中途採用では多くのサイトがありますが、大学生向けの新卒求人サイトではリクナビの影響力は最も強く、就活にはまずリクナビの登録からと言われるほどです。その常識を持ち続けている若手社会人は多く、転職するときでもまずはリクナビから閲覧する人が多いです。次に、テレビCМやインターネットのバナー広告など、メディアへの広告出稿が非常に多い点があります。バナー広告の中には大まかに求人の内容が記載されたものもあり、掲載していると会員以外にも多くの人に見てもらうことができます。求人はとにかく多くの人に見てもらうのが重要です。その要望に応えてくれるサイトと言えるでしょう。

求人を見させるための提案を受けられます

リクナビネクストでは、掲載している求人でテーマを基にピックアップし、特集が組まれます。その内容は女性が活躍する求人や営業職特集、勤務エリア特集など多岐にわたりますが、求人を出していると特集でクローズアップされる可能性があり、閲覧者が非常に多くなります。また、個々の企業の募集ページでも、職場の雰囲気や社風を伝えるための提案や工夫がなされます。制作スタッフは求人広告のプロであり、求職者の目に留まりやすいページに仕上げてくれます。優秀な求職者がいても、求人をしっかりと見られない限りは応募には繋がりません。ただ依頼されたように掲載するだけの求人サイトも多いですので、出稿するサイトを選ぶことが重要です。時期についても、年度末や9月は求職者が増えることから、応募者が集まりやすいと言えます。